思いがけない出費が重なり

くいしんぼう日和 > 経済 > 思いがけない出費が重なり

思いがけない出費が重なり

書籍の折込チラシ、電柱に張り付けられた宣伝チラシやDMなどで、「負債の整頓します」「多重負債を一括化したくありませんか」という内容の売り言葉を読むことがよくあります。

このようなものは、「整理人」「買取人」「紹介者」という通称の悪徳会社のおとり広告の場合もあるということなのです。

そのようなものを頼んだ場合は破産申立の流れの中で最重要な免責承認を得られない可能性も存在します。

「整理業者」の場合宣伝などで多重債務者を寄せ集め法外な費用を受けて整理を行うのですが実際は借金整理はなされず、もっと負債スパイラルに陥る場合が9割方と言えます。

「買取専門人」の場合は、当人の借金で、電化用品、コンサートの利用券を多量に注文させて債務者からその品々を販売額の20%~額面半値で買い上げるという手法が主です。

債務人は一時的には小金が得られますが、クレジット業者から買ったものの定価の支払い要求がきて、実際のところ負債額を増大させる結果となります。

クレジットカード企業への詐欺であるとされてしまい免責承認を手に入れられなくなります。

「つなぎ屋」の場合は、名の知れた消費者金融から借りられなくなった負債人へ直接的な融資はしないで、提供を可能な関係無い会社を教えて、高い料金を出させる会社です。

紹介屋は専門的なつなぎでお金を貸し出しが受けられたというふうにしゃべりますが、現実は何もせず、ただ単にルールの甘い店を把握しているというだけです。

この場合も結局は債務額を拡大させる結末となります。


関連記事

  1. カドのたたない転職方法
  2. お祈りメールに負けないために
  3. 思いがけない出費が重なり